2012.07.19 ロイズ・アンティークス 日本橋三越

世界にひとつだけ

ロイズ・アンティークスの家具の魅力はデザインや品質などいろいろありますが、その中でもやはり特化すべきは世界にひとつだけの家具という点にあります。

デザインももちろんなのですが、やはり家具1点1点の持つ独特の木目というものが世界にひとつしかない所以ではないでしょうか。

例えばこちらのサイドボードは素材がウォルナットという木で出来ています。

 

nihonbashi_20120717_1

 
深い飴色と独特の木目が特徴的。

 

nihonbashi_20120717_2

 

写真のように金具に至るまでデザイン性のあるクラシカルなタイプのサイドボードですが、こうした飾りやデザインに負けない位すばらしい木目を持つアイテムなんです。

 

nihonbashi_20120717_3nihonbashi_20120717_4

 

そしてこちらは同じウォルナットでできたコーヒーテーブル。

 

nihonbashi_20120717_5

 

同じ材質でも木目や色が違うため全く違う材質のようにも見えます。

 

nihonbashi_20120717_7

 

脚のデザインもアールデコ調でシンプルながらお部屋のポイントになりそうなアイテムですね。

 

nihonbashi_20120717_8

 

こちらはオーク材でできたブックシェルフ。

 

nihonbashi_20120717_9

 

オークは木目が粗く濃淡が出やすい材質です。

故にこちらも1点1点全く異なる木目を持ち合わせています。

 

nihonbashi_20120717_10

 

家具を選ぶ際、デザインや機能性ももちろんですがそのアイテムの持つ木目の美しさにも注目して頂くとおもしろいかもしれません。

是非店頭でゆっくりと家具の見比べをしてみてくださいね。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ