2012.06.11 ロイズ・アンティークス エゴイスト

ペイントなクラシックを取り入れて

20120611_2

 

梅雨も吹き飛ばす、明るい家具が入荷いたしました。

今回はこちらのデスクとオフホワイトのカップボードをご紹介です。

 

パイン素材の『デスク』からまずはご紹介いたしましょう。

 

20120611_2

 

グリーンやフルーツボウルなどがデスクの上に載せてありますが、

天板の様子がとても気になります。

 

20120611_3

 

ご覧下さいませ。

ワックスをまだかけてない状態ですが

天板には店内のスポットが良く反射していますね。

 

パイン素材に良く見られる艶が

際立った状態なんですよ。

実は、約130年以上も昔のデスクなんです。

 

とてもよい状態で、さらにワックスをかけてあげると

輝きが増しますよ。

 

20120611_4

 

天板の状態も素敵ですが、

デスクには欠かせない、引き出し部分も立派なんです。

 

真鍮で出来た取っ手を引いてみますと・・・

 

20120611_5

 

中の底板も同じくパイン素材を使用しています。

隅々までパインを味わえるデスクですね。

 

脚の部分も特徴的なんです。

 

20120611_6

 

真っ直ぐの脚ではなく、彫りを加えることによって

丸み部分を作り出し、どこか可愛らしい表情に仕上がっているのです。

 

この可愛らしいデスクで仕事や、

夏休みの宿題!?を進めてみるのもいかがでしょうか。

 

では、もう一つご紹介する商品は・・・

 

20120611_7

 

こちらの『ペイントカップボード』。

形状やモールディングやレリーフ部分がクラシカルで印象的です。

ペイントが施されることにより

可愛らしい表情に大変身です。

 

20120611_8 20120611_9

 

装飾部分を見ていきましょう。

縄のように施された部分と、サイド部分の彫りが

クラシック家具にも見ることが出来ますよ。

 

20120611_10 20120611_11

 

左の写真は『ミラーバックサイドボード』。

右の写真は『キャビネット』の部分です。

 
20120611_12

 

真正面から見た扉部分です。

ガラスではなく、なにか気になる素材が扉に付けられていますね。

 

その前に・・・

 

20120611_13

 

鍵部分もペイントが擦れていて

雰囲気がとても可愛らしいですね。

 

そして、扉部分をよく見てみましょう。

 

20120611_14 20120611_15

 

そうなんです。網が取り付けられていて、

さらに、「生成り色」のプリーツ布地が張られているのです。

 

食器棚として使われていた為、通気性は抜群ですね!!

 

20120611_16

 

そんな中の状態は、3枚の棚板がついて

収納力も抜群。

 

20120611_17

 

さらには、一番下に引き出しがついているのです。

 

20120611_18

 

デスクとカップボードも細かな部分まで、

楽しんでいただける家具のつくりです。

 

ぜひ、お部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。

梅雨のじめじめした気分も晴れること間違いなし!?

かも知れませんね。

 

ほかにもペイント家具が続々と入荷していますので、

ぜひ、お店にてチェックして下さいませ。

お待ちしております。

 

20120611_19


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ