2012.06.12 ロイズ・アンティークス エゴイスト

PopUpテーブルをCloseUp

20120612_1

 

本日はこちらのポップアップテーブルをご紹介します。

幅1370mm奥行き610mmのスリムなテーブルに見えますが…。

 

 

よく見ると、テーブルの真ん中にラインが入っています。

真ん中が開きそうな予感がしますね。

 

20120612_3

 

 

サイドには丸い金具が取り付けられています。

この金具がテーブルを開く為の鍵のようなものです。

 

20120612_4 20120612_5

 

 

 

金具を引くとロックがはずれる仕組みになっています。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

左がロックがかかっている状態。右がロックがはずれた状態です。

 

20120612_6 20120612_7

 

 

ロックがはずれたので両側に引きます。

 

20120612_8

 

 

 

実はここにも家具設計の工夫有りです。

歯車が付いていて、片側を引くと歯車の噛み合わせでもう一方も開くんです。

とても工夫されています。

見れば見るほど、家具の設計図が見れればいいのになーと思わされます。

 

20120612_9 20120612_10

 

 

 

そんなことを考えながら開いていくと、中に板が入っているのが見えてきます。

 

20120612_11

 

 

 

この板は半分に折られて収納されています。

実際は折られているのではなく、2枚の板が蝶番でつながっているのですが。

 

20120612_12

 

 

 

折りたたんである板を開くとこんな感じです。

 

20120612_13

 

 

 

最後に両側から押してダボをかませたら完成です。

 

20120612_2

 

奥行き610mmだったテーブルが950mmに早変わり。

人数が増えたとき、ものをたくさん置くときに便利ですね。

長年使われる家具だから機能面も重要なんです。

 

ものによって開き方や動く仕組みも違うので、

ぜひ店頭にてテーブル開きを体感してみてくださいませ。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ