2012.06.14 ロイズ・アンティークス 玉川

どちらがお好み?

梅雨入り蒸し暑くなったと思えば、急に涼しくなったりと…スッキリしない天気が続いていますね。

体調管理にお気をつけ下さい。

さて今回はそっくりなテーブル。しかしある点が大きく違う2つのテーブルをご紹介致しましょう。

こちらの2台のテーブルです。

 

blog06-13020blog06-13002

 

2台ともオーク材を使用して作られたテーブル。

2本脚のタイプで、基本的なデザインは同じですね。

 

blog06-13021blog06-13003

 

見た目、サイズに大きな差はございません。

さて、共通点が多いこちらのテーブル。

大きな違いはこちらなんです。

 

blog06-13022blog06-13006

 

ご覧の通り。両方とも伸張式のテーブルであるのは違いがないのですが、その構造に大きな違いがあったんですね。

左側のテーブルはお馴染みのドローリーフテーブル。

左右の天板下から羽が現れる構造ですね。

伸ばしたときはこのように。

 

blog06-13023

 

左右を出さずに、片方だけ出しても天板がフラットになりますので、3サイズでお使いいただけるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

 

blog06-13024

 

対して右側のテーブルの構造は、中心から天板が現れるタイプ。

 

blog06-13008

 

モダンのエクステンションタイプに採用されている事が多いですが、クラシックなテーブルにこの構造はなかなかお目にかかれません。

天板の端に付いているリングを引っ張ると…

 

blog06-13010

 

中心のフックが外れる構造。

 

blog06-13018blog06-13019

 

ロック機構もしっかりと備え付けられているんです。

開いた時の継ぎ目もピシャリと合います。

1930年(推定)当時の物とは思えない精度ですね。

そしてこの使いやすさ。

可愛らしいロゴの表記にも納得です。

 

blog06-13007

 

さて今回ご紹介した2つのテーブル。

お客様はどちらがお好みでしょうか。

当時の作りのこだわりを、是非店頭でご覧になって、感じてみてください。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ