2012.05.28 ロイズ・アンティークス エゴイスト

珍しいデスクは自分の書斎に

20120528_1

 

先日、世界一高い建造物『スカイツリー』がOPENいたしましたね。

EGOIST店には背高のブックケース、そして珍しい形の「デスク」が入荷しています。

今回ご紹介します家具たちの共通点は

 

オーク素材」。

 

目の前に写る『レザートップデスク』に

背高の『ブックケース』の素材は、同じオーク素材。

 

では、まずは珍しいカタチをした『デスク』からご紹介いたします。

 

20120528_2

 

斜めショットから感じ取ることが出来ますでしょうか。

デスクのカタチがいつもの四角の形をしていませんよ。

 

皆様、じっくりと観察してくださいませ。

 

と、まだ把握できないので

角度を変えまして、真上からご覧頂きましょう。

 

20120528_3

 

扇型」です。

小ぶりながらも、デスクの存在を放つこちらのデスク。

カタチはとことん拘っているのです。

 

20120528_4

 

脚の部分と下部分の作りをみてみますと

小さい箇所ではありますが、扇型で切り込まれているのです。

お分かりいただけますでしょうか。

 

20120528_5

 

デスクは収納力がないと実際困りますよね。

ペンや書類を引き出しに入れて、仕事をこなす。

そんな理想のデスクは、この小さなデスクに立派に備え付けられているのです。

 

左右の鍵を開けますと・・・

 

20120528_6

 

左側には2段に分かれた収納部分。

そして、右側には・・・

 

20120528_7 20120528_8

 

扉の中に、さらに引き出しが2段も付いた収納力。

 

扇型の為、引き出しの奥側の形は台形と

つくりがとてもユニークですね。

 

デスクに収まりきらない本や書類は、

こちらのブックケースに収納いたしましょう。

 

20120528_9

 

扇型のトップはなんと1950(mm)。

ずいぶん背高の『ブックケース』です。

 

20120528_10

 

ゆるやかに曲線を描くことで、

大きさの圧迫感を和らいでくれています。

 

20120528_11

 

ガラスは、アンティークガラスも使用されている為に

斜めから見てみると、ゆらめきを発見することができますよ。

 

扉を開けてみますと・・・

 

20120528_12

 

棚板を自由自在の高さに調節可能な

棚受けの多さにびっくりです。

 

これなら、あらゆる高さの書物を収納間違いなしです。

 

20120528_13 20120528_14

 

下部分は上部のガラス扉と分かれているので、

飾ることが難しい書物などを隠すスペースとして

ご使用いただけます。

 

上品な書斎でお仕事してみると、

さらにいいアイデアが生まれるかもしれませんよ。

 

20120528_15


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ