20120530_a 20120530_b

 

本日はダイニングシーンから二つの異なるダイニングテーブルをご紹介いたします。

それぞれに特徴を持ったこちらのテーブル、細かくクローズアップして見ていきましょう。

 

 

20120530_c 20120530_d

 

左側は大きな円形の天板を持つラウンドテーブル。この大きさはとっても珍しいです!!

一方右側は両端から天板を引き出せる伸長式のテーブルです。

天板を支える幕板や、天板の縁に細かく施されたレリーフがとても素敵なラージドローリーフテーブルです。

 
20120530_e 20120530_f

 

【ラウンドテーブル】

1370mm×1370mmの大きめサイズの天板は家族皆の顔が見渡せる円型タイプ。

オーク材の力強い木目にうっとりしてしまいます。

【ラージドローリーフテーブル】

こちらは天板を両サイドに広げてみますとW2130mmと10名が掛けられる程大きなテーブルになります。

 

 

20120530_g 20120530_h

 

お次は脚に注目しましょう!

【ラウンドテーブル】

こちらは4本の猫脚がゆるやかな曲線を描き、とってもエレガントな印象を持ちます。

【ラージドローリーフテーブル】

一方ドローリーフテーブルの脚は大きな球根型のモチーフを持つブルボーズレッグ。

猫脚とは対照的に力強いがっしりとした印象を持つ脚です。

 

 
20120530_i 20120530_j

 

【ラウンドテーブル】

猫脚の付け根から頑丈な一本の脚になり大きな天板を支えます。

【ラージドローリーフテーブル】

天板と脚の間にある長方形の板は幕板と呼ばれる部分、

そんな細かい所にまで装飾が施された拘りの逸品。

 

 

20120530_k 20120530_l

 

【ラウンドテーブル】

天板の縁はなめらかにカーブしているのが分かりますね。

【ラージドローリーフテーブル】

一方こちらの天板の縁には等間隔に細かく彫刻が施されております。

 

 

20120530_m 20120530_n

 

皆さんどちらのテーブルがお好みでしたか!?

今回ラウンドテーブルには丸い背面が特徴的なバルーンバックチェアを、

そしてラージドローリーフテーブルにはハイバックのスマートなダイニングチェアを合わせてみました。

 

合わせる椅子によっても印象ががらりと変わるテーブル。

この他にも様々なタイプのダイニングテーブルをご用意して皆様のご来店お待ちしております。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ