2012.04.11 ロイズ・アンティークス エゴイスト

ディテールに注目!!

20120411_1

 

本日はこちらのクラシック&クールな空間から二つのアイテムをご紹介します。

 

20120411_4

 

まずは英国クラシック家具を代表するこちらのB&Cウィングチェアです。

今回はとってもカッコ良いブラックレザーで登場しました!

 

20120411_5

 

背面のボタンフットがレザーの艶と張りを強調します。

 

20120411_6

 

フレームに沿って細かく鋲が打たれています。

見え辛い細部にまで打たれた鋲に職人の丁寧な仕事ぶりが感じられますね。

 

20120411_7

 

ウィング部分は大振りで、心地よいお昼寝の最中に頭をもたれるには最適です。

 

20120411_8

 

続いてご紹介するのはこちらのサイドボードです。

こちらのサイドボード、通常のものよりもレリーフがとっても細かく施されているとっても珍しい逸品。

 

20120411_9

 

前面は少し凹凸のある作りになっている為、家具を置いた際に空間に奥行きが出ます。

 

20120411_10

 

下には広く空間が空いているので、大きさの割には圧迫感の出ないアイテムなんです。

 

20120411_13

 

右側の扉を開くと仕切りのある引き出しが出てきました。

こちらはその当時ワインボトルやお酒のビンを収納していた引き出しなんですよ。

 

20120411_11s 20120411_12s

 

上部の笠木と呼ばれる部分や扉にも細かい彫刻が施されております。

 

20120411_14s 20120411_15s

 

そしてそして真鍮の金具は可愛らしいデザインになっており、

前脚にはどんぐりにも似た形のモチーフを発見しました。

 

最近は無駄を省いたシンプルな家具が多いですが、

今回はアンティーク家具の醍醐味であるディテールに拘ったアイテムをご紹介しました!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ