2012.03.28 ロイズ・アンティークス エゴイスト

灯りを見つけて

20120328_1

 

「おこしやすぅ」。学生時代を過ごした京都へ遊びに行ってきました。

舞妓さん芸妓さんの奉納舞踊を見たりと、春の京都を散策です。

 

20120328_2

 

日本の四季を楽しめる場所。春の京の都を堪能してきました。

昼は梅をお花を楽しみつつ、

夜は東山や祇園などで開催していた、花灯路でくつろいでいました。

 

20120328_3

 

だんだん太陽が沈み、

夜になると「灯り」が心を癒してくれますよね。

 

シーリングシャンデリア

テーブルランプフロアランプとお部屋に「灯り」はいかがでしょうか。

 

20120328_4

 

まずはこちらの「テーブルランプ」。

お昼の顔はこのような状態です。

 
20120328_5

 

本体部分は赤土色、そして金色に近いペンキで仕上げた

ほどよく色あせた状態です。

夜になりますと・・・

 

20120328_6

 

かすれたペンキ具合に光が当り、

なんともいえない演出です。

 

20120328_7

 

こちらはモダンの「セラミックテーブルランプ」です。

陶器でできたランプなので、

本体自体に艶がでています。

 

20120328_8

 

この艶が夜になりますと、

光に照らされて・・・

 
20120328_9

 

本体部分までほんわりと光が映りこむのです。

 

20120328_10

 

そして、こちらは「ペイントフロアランプ」。

シェードはもちろんの事、

本体部部のペイントがとてもユニークですよ。

 

20120328_11

 

ペンキが垂れ下がってきたデザインなんです。

形自体は古くからあるのですが、現代のアーティストさんが手を加えると

このように仕上がるのです。

 

20120328_12

 

シェードから漏れる灯りがとても美しいですね。

お部屋の角など、置き場所でずいぶんと印象が変わってくるのです。

 

20120328_14

 

最後は、こちらの「テーブルランプ」。

一際存在感を放っていますが

夜になるとその存在感を発揮してくれますよ。

 

では・・・

 

20120328_15

 

シェードの内側がゴールドに仕上がっている為、

上から漏れる光が黄金色となり幻想的に広がるのです。

 

20120328_13

 

いかがでしたか。今回は「灯り」にスポットを当ててみました。

お昼のお花見もいいですが、夜桜など昼と違った顔を楽しめるこの季節。

お部屋の中に灯りの演出も加えてみてはいかがですか。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ