2012.02.16 ロイズ・アンティークス エゴイスト

パイン素材が110年程経つと・・・

20120216_1-thumb

 

およそ110年前(推定1900年)から使用され続けた、パインの『ワークテーブル』。
前回の「アイアンの魅力」に引き続き、今回は木材の表情を見ていきますよ。

 

20120216_2-thumb

 

今回ご紹介する『ワークパイン』。およそ110年もの間で出来上がった風合いが
遠くからでも窺えます。

 

20120216_3-thumb

 

黒くくすんだ具合から、パインの良さが際立ちます。
近くで見てみると・・・

 

20120216_4-thumb 20120216_5-thumb

 

作業をした時のだ痕が色々と発見できます。
この上でどのような作業が行われていたのでしょうか。わいわいと楽しく話をしながら製作していたのかと、妄想をし始めるとどんどん楽しくなってきます。

 

20120216_6-thumb

 

脚の部分は、側面まで天板と同じ素材を使用し、
補強も含めた作りになっています。

 

20120216_8-thumb

 

そんなパインのワークテーブルの上には、
メタルの効いたボックスを飾ってみてはいかがでしょうか。

 

20120216_9-thumb

 

どちらも似たような『メタルボックス』ですが、よくみると少し違っていますよ。

 

20120216_10-thumb 20120216_11-thumb

 

鍵穴の色がアイアンの中で、アクセントになりますね。 (鍵穴はついていますが、鍵はついていません。)
取っ手もついているので持ち運びは簡単です。

 

20120216_12-thumb

 

中はこんな感じですよ。

 

20120216_13-thumb

 

そしてもう一つの『メタルボックス』は、

 

20120216_14-thumb 20120216_15-thumb

 

上蓋部分にこのような引っ掛けがついていますよ。

 

20120216_16-thumb

 

こちらのボックスの様子といいますと、まばらに塗装が剥がれた状態で、独特なデザインのように仕上がっています。

 

20120216_17-thumb

 

少し高めのスツールを合わせて、ワークテーブルをダイニングテーブル代わりにしてもいいかもしれませんね。
是非、リメークでは作り出せないパインの風合いを体感しに来て下さいませ。

 

 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ