2012.02.21 ロイズ・アンティークス エゴイスト

夜型家具をご紹介

1_20120221a

 

寒い寒いこの季節、朝はなかなか起床できず、夜型の方も多いと思いますが、
夜型なアイテムを2つご紹介します。

一つは夜に淡く柔らかい光を放ってくれるテーブルランプ、そしてもう一つは夜の表情がとてもクールなコンソールテーブルが本日のご紹介です。

 

2_20120221a

 

昼間の顔はこんな感じです。

 

3_20120221a

 

テーブルランプの昼間の表情です。

 

7_20120221a

 

しかし、夜になると一遍!!!

別人です。

 

6_20120221a

 

その当時、セラミックに特殊な金属塗装が施された模様が、光と影を生み出して幻想的な夜を演出してくれます。

 

7_20120221a

 

2台でディスプレイしてあげると、6角形の土台が見事にそれぞれ角度によって表情を変えます。

見ているだけで時が経ってしまいそうな雰囲気。

 

9_20120221a

 

そして、土台はこれしかないでしょう。コパを天板にあしらったスチールレッグのコンソールテーブル。

 

10_20120221a

 

何故、夜型なのか?

ランプの光を反射させる時、銅は鏡と違い、暖色の光をやんわりとお部屋に広げてくれます。

 

11_20120221a

 

さらにこの刻み込まれた紋章が、陰影をつくり立体感をつくりだしてくれるんです。

 

8_20120221a

 

帰宅して電気をパチッとつけるなら、こんな素敵なアイテムで壁面を作り

自分にその日をゆっくり振り返る時間を作ってあげてみませんか?

この二つの家具は夜型なので、いつまでも付き合ってくれると思います!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ