2012.02.12 ロイズ・アンティークス 横浜

ホームオフィス

yokohama120208_1

 

先日、スタッフの間でも話題になっている代官山のTSUTAYAへ行ってきました。

 

まず目に付くのが外観です。

よく見ると、白い外壁はTSUTAYAの「Tマーク」を組み合わせたデザインなんです。

 

インテリアや料理、文学などジャンル別の大きな箱型の建物が3棟も繋がっているのでとても広く、何時間でも楽しめる本屋です。

 

yokohama120208_4

 

2Fへ上がるとホテルのラウンジのようなスペースでは大人のお楽しみが。

お酒も飲めますし、なんといっても古い雑誌のバックナンバーが数多く取り揃えられています。

ついつい昔のインテリア雑誌を読みあさってしまいました。

ロイズ・アンティークスで納めた大きなテーブルも2台あります。

 

本好きの私としては、お休みの度に通いたくなってしまうオススメのスポットです。

 

ところで、ロイズ・アンティークス横浜では本好きの型にお勧めのアイテムが入荷しました。

 

yokohama120208_5

 

一見、ワードローブ?カップボード?と思いきや扉を開けてみると…、

 

yokohama120208_6

 

なにやらあやしげな内部が…。

 

yokohama120208_7

 

なんと、便利そうな仕切りがたくさん付いています。

 

さらに真中部分を引き出すと…、

 

yokohama120208_8

 

なんとデスクが飛び出してきました。

こちらのびっくり箱のようなアイテムは「ホームオフィス」です。

書類や本が手の届く範囲にたくさん収納でき、仕事もはかどりそうですね。

 

ですが、そんな便利な機能を利用し、こちらのアイテムを使ってTSUTAYAのような空間を再現してみました。

 

yokohama120208_9

 

仕切りもたくさんあり、かさばる本もすっきり整理整頓できます。

 

yokohama120208_10

 

自宅に本屋さんがあるような気分を味わえる今一押しのアイテムです。

ぜひ店頭で扉を開けてみて下さいね。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ