2011.09.19 ロイズ・アンティークス 神戸

1脚のスツール

みなさんご存知の通り、木材は年月の経過や湿度によって反ったり縮んだりします。

その日々の変化は、私達の肉眼では分からないほど小さなものです。

しかし何十年と経つと、目に見えて大きく変化が表れます。

 

先日神戸に入荷したこちらのスツール。

 

kobe_20110919-1

 

素朴で古びた木材の質感がなんとも言えません。

 

kobe_20110919-2kobe_20110919-3

 

このスツール、座面が大きくうねっているんです。

 

2センチ近くある厚みの座面は、視点によって表情を変えます。

小さな一脚のスツールには、

90年近い年月にしか生み出せない木のぬくもりが

ぎゅっと詰まっています。

 

kobe_20110919-4kobe_20110919-5

 

kobe_20110919-6kobe_20110919-8

 

kobe_20110919-9ダイニングやキッチンの傍らに。

 

kobe_20110919-10デスク横の荷物置きに。

 

kobe_20110919-11リビングのプランター台に。

 

今さらアンティーク家具の魅力ついて語ってしまいました…

 

控えめながらアンティークの魅力が詰まった一脚。

是非お部屋にいかがでしょうか?


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ