2011.05.07 ロイズ・アンティークス 玉川

気分変えませんか??

ゴールデンウィークも終わり、またいつもの毎日が戻ってきましたね。

6月になるとジメジメとした季節がやってきますが、
お家の中だけでも涼しげにしましょう!

 

と、言うわけで今回はガラスがなんとも涼しげな
「チャイナキャビネット」 をご紹介致しましょう。

そもそもチャイナキャビネットって何故このような名前なの?
中国のもの?
とお思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかしここでいうチャイナとは中国の事ではなく、陶磁器のことを言います。
高温で焼成されて吸水性がなく、叩いた時に金属音を発する陶磁器を一般に指すのだとか。

 

6b2cad1dDSC03321_jpg5

 

チャイナキャビネットは、ティーセットなどの陶磁器を美しく
見せながら収納するというもの。

そのためガラスの棚板が使用されているのです!

 

ガラスを木枠で囲い、作り上げていくには高い技術を要します。
このためイギリスでは現在も家具作りの事を「キャビネットメイキング」 と呼ばれています。

 

DC1224

 

それでは玉川店のチャイナキャビネットをご紹介致しましょう。

まずはこちらのチャイナキャビネット。

 

丸みをおびたラインと、ウォールナットの木肌が美しい!

 

05-05blog 010

 

05-05blog 009

 

 

マホガニーのチャイナキャビネットも負けていませんよ。

 

05-05blog 025

 

05-05blog 02605-05blog 033

 

 

こちらは小ぶりで使いやすそうですね。

 

05-05blog 013

 

背板の布があるだけで、雰囲気が明るくなります。

 

05-05blog 01605-05blog 019

 

これからの季節にむけて布の種類を変えたり、季節の楽しみが増えるキャビネット。

 

05-05blog 035

 

とってもオススメです!!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ