2011.05.26 ロイズ・アンティークス 銀座三越

魅惑のマホガニー

ロイズ・アンティークスでは様々な材質の家具を取り扱っていますが、なかでも昔から高級材とされているのがマホガニーです。

 

マホガニーは色味や質感がとりわけ素晴らしく、わたしもとても魅力を感じます。

 

そんなマホガニーを使った家具達が続々入荷してきましたので、今回はその中の一部を紹介します!

 

まずは女性必見のこちらのドレッサー。
マホガニーの木目が映えるようにでしょうか、シンプルなつくりになっていますね。

 

ginza_20110526_1

 

しかしよく見てみるとミラーの脇に彫りが入っており、拘りの部分も見えます。

 

ginza_20110526_2ginza_20110526_3

 

小さめの家具達も負けじと存在感をはなっています。

曲線がやわらかい印象のハーフムーンテーブルとドレッシングチェアに、

 

ginza_20110526_4

 

そら豆の形がかわいらしく、ネコ脚の曲線美が見事なキドニーテーブル。
小ぶりな家具ですが、マホガニーの深みのある色味や艶のある質感が際立っていますよね。

 

ginza_20110526_5

 

 

最後に珍しい一品をご紹介。

こちらのティルトップテーブルをよく見て頂くと、

 

ginza_20110526_7

 

 

お分かりでしょうか?
天板にはマホガニーとオーク、異なる2種類の木が使われているというなんとも贅沢な家具なんです。

 

ginza_20110526_8

 

hg
淵の部分がマホガニーでそれ以外はオーク材となっています。
木目の出方も全く違うため、2種類の木の良い部分を楽しむことができます。

 

 

何点かご紹介しましたが、マホガニーの上品な質感はお部屋の格をワンランク上げてくれる特別な家具ともいえるのではないでしょうか!

 

この他にもマホガニーの家具、まだまだご用意しておりますので気になる方は是非ロイズ・アンティークス銀座三越へお越し下さい。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ