2011.04.14 ロイズ・アンティークス 銀座三越

第一印象が大切

4月ははじまりの季節ですね。
ロイズ・アンティークス銀座三越にも新生活にもぴったりな家具が多数入荷しております。

 

ginza_20110413_0

 

ところで皆さんは家具で一番最初に目につく場所はどこでしょうか。
私はやはり正面から見た印象が強いですね。

 

特に収納家具は扉の部分が家具全体の印象を占めるといっていいかもしれません。
故にデザインも様々なものがあります。

 

お勧めはこちら、ステンドガラスのブックケース。
暖か味を感じるガラスの歪みはどんな角度から見ても本当にきれいなんです!

 

ginza_20110413_1ginza_20110413_2

 

 

こちらは同じステンドグラスの扉がついたカップボード。
チューリップでしょうか?花びらの部分のガラスも一枚一枚色が違うんですよ。

 

ginza_20110413_4ginza_20110413_3

 

玄関先にも置けるような小さめサイズも嬉しいですね。

 

 

こちらのブックケースは、どこか東洋的にも見えます。

 

ginza_20110413_5

 

ginza_20110413_6

 

やはりそれもガラス扉の幾何学的な模様の印象が強いからでしょうか。

 

 

 

このように、家具の主役といってもいいような部分のためデザインも豊富なんです。
皆様のお好みにぴったりなデザインもきっと見つかるのではないでしょうか。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ