鉄と木 (1)
 
今日はEGOISTの一部屋を少しだけご紹介。ただ今このお部屋では、鉄と木の家具をあわせて展開中。
 
鉄と木 (2)
 
中でもわたしの一番のお気に入りはこのアイテム。みるからに個性的なたたずまい。
ミラーもオリジナルで雰囲気はとっても抜群!

 

3_0131-thumb

 

こちらは収納できる部分。古い鉄の感じもなんともいえないんです。

 

鉄と木 (3)

 

そして、こちらは店内でもパテーションとして使用しているアイアンゲート。

 

鉄と木 (4)

 

パテーションではなく、壁にかけてアクセントにしてみてはいかがですか。壁に出来るアイアンの陰影がとっても格好よいですよ!

 

鉄と木 (5)

 

そして、もうひとつのアイアンゲートはパテーションに。ここでご紹介したいのは、そんなゲートの前にいるチェアとテーブル。

 

鉄と木 (6)

 

およそ120年前のウォルナット材のドレッシンチェアにこちらはおよそ150年前のオケージョンテーブル。
どちらも時代が経過してより艶を増した逸品たち。見惚れます。

 

鉄と木 (7)

 

こちらはもう一つ鉄のアイテムをご紹介。

 

鉄と木 (8)

 

アイアンゴシックミラーとはその名前の通り、迫力満点なこのミラー。
そこに佇んでいるだけで十分です。

 

鉄と木 (9)

 

こちらはオーク材のファイリングキャビネット
使い勝手はもちろん、この色味と雰囲気はやっぱり古いものならでは。

 

鉄と木 (10)

 

引き出しは4つ、区分変更お願いいたします。奥行きもあり収納力も抜群です。

 

鉄と木 (11)

 

こちらのエリアは。左側に見えるロッカーのようなキャビネット。

鉄と木 (12)

 

これは最高です。

 

鉄と木 (13)

 

このグラスノブ。ここにこの取っ手を付けるあたりは私にはない感覚です。
でもこれがあるだけで普通の家具にはない雰囲気。
家具としても珍しいですが、やっぱりヨーロッパの古い家具はひと味もふた味もちがいます!!
 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ