2010.12.01 ロイズ・アンティークス 銀座三越

デザイナーズチェアがやってきた!

今回ご紹介するのはこちらのイージーチェア。

 

12-1blog003

 

デンマークといえばロイズ・アンティークスでもお馴染みのハンス・J・ウェグナーが有名ですね。
ボーエ・モーエンセンもウェグナー程知名度はありませんが、数々の名作を残した巨匠のひとりなんです。
ウェグナーとも親交が深かったようです。

 

12-1blog 001

 

このチェアも名作のひとつ。
ウェグナーのデザインしたチェアが中国の明時代の椅子がルーツとなっているのに対し、
ボーエ・モーエンセンは直線的な形が特徴のシェーカーやスペインのデザインがルーツになっているそうです。

 

12-1blog 002

 

確かに、直線的なラインが多様されています。
しかし、背もたれ部分は曲線が使われており、バランスの良さを感じます。
布地もグレー×チェックで温か味がありますよね。

 

 

12-1blog

 

裏を見てみると、ちゃんとシールが綺麗な状態で残っていました!

 

ロイズ・アンティークスではこうしたデザイナーズの家具の取扱は少ないですが、デザイナーの思想やルーツによって全く異なるデザインが生まれるというところにとても魅力を感じます。

 

皆様のお部屋にも、名作をひとつ取り入れてはいかがでしょうか。
それだけで、デザイナーの熱い想いが伝わってきそうですね。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ