今日は、ロイズ自慢のファクトリーチームのチーフポリッシャー(塗装責任者)Mさんを紹介します。
この道54年の大ベテラン、
 
「塗装に関してはできないものは無い!」
 
といってくれる頼もしい親父です。
今日も世界にひとつしかないアンティーク家具を修復するため、日夜頑張ってくれています。
今日は、ポリッシュの工程をこっそり、あなただけにお見せします。
 
 
この手が長年ロイズの家具を直した神の手(ゴッドハンド)です。
 
塗装職人のしごと (1)
 
ますは塗面を全て剥離。
 
塗装職人のしごと (2)
 
下地塗りです。
 
塗装職人のしごと (3)
 
丁寧にそしてすばやく仕上げなければなりません。
 
塗装職人のしごと (4)
 
刷毛をたたせて広い天板面も均一に仕上げます。
 
塗装職人のしごと (5)
 
じゃーん。お待たせしました、Mさんの登場です。かなりのいぶし銀ですが、若い頃はかなりならした?そうです。普段は優しいMさん、でも塗装になると目つきが違います。これぞプロの目です。
 
塗装職人のしごと (6)
 
剥離された天板もこの通りの仕上がりに。
 
塗装職人のしごと (7)
 
プロの仕上げは輝きが違います。
 
塗装職人のしごと (8)
 
まだまだ見せたいところは山ほどありますが、今日はここまで。またお会いしましょう。。。
 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ