CONTENTS
INFOMATION

“Buyer’s select by EGOIST”のご案内

“Buyer’s select by EGOIST”

ヨーロッパ各地で買付けた商品の中から、コンセプトショップであるロイズ・アンティークス EGOISTに合う商品をセレクトしています。

ロイズ・アンティークス EGOISTでしか購入できない「店舗限定アイテム」ですので、是非店頭まで足をお運びの上、ご覧ください。

場所 :ロイズ・アンティークス EGOIST
Buyer’s select by EGOIST

"Lloyd's Antiques × KEITAMARUYAMA -ELLE DECO DESIGNWALK 2016-"のご案内

「Lloyd's Antiques × KEITAMARUYAMA -ELLE DECO DESIGNWALK 2016-」のご案内 ロイズ・アンティークス青山・EGOISTの両直営店に、先日リニューアルオープンしたばかりの丸山邸を加えた3店舗で、デザイナー丸山敬太氏の世界観を取り入れた空間を展開いたします。

丸山敬太氏が手がけるテキスタイルを纏った、世界に1つしかない数量限定アイテムが店頭を彩ります。

是非この世界観をご体感くださいませ。

日時:10/26(水)~11/7(月)
場所:ロイズ・アンティークス 青山
   ロイズ・アンティークス EGOIST
SWEDEN Fairのご案内 スウェーデンにクローズアップした北欧家具のフェアを開催します。

シンプルで機能的なデザインと、ナチュラルな温もりを感じるスウェーデン家具。スウェーデンには、昔の日本人が美徳としたシンプルに暮らす生活と共通する美学があります。また、木の家具でありながら洗練されたフォルムは日本の住宅との相性も良いです。

シンプルな暮らしの1アイテムとして、ぜひスウェーデン家具を取り入れてみてください。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

日時:11/9(水)~11/14(月)
   (最終日18時終了)
場所:新宿本店7階=催事場
▲トップへ
RECOMMEND
日本に到着したての北欧アイテムから、おすすめアイテムのご紹介です。

詳細は画像をClick!
NW008125
W425 D440 H795/450
SWE(推定) 1950年代(推定)修復済み チーク/ウッド
本体価格 ¥40,000
(税込 ¥43,200)

ツートンのデザインが目を惹くダイニングチェア
全体的に丸みのあるフォルムが体にフィットし、見ているだけで和めるチェアです。
チェアとしては少し小ぶりですので、置き場所を選ばず、ダイニングチェアとしてだけでなく、 キッチンや寝室、デスクと合わせてもお使いいただけます。


詳細は画像をClick!
NW008005
W660 D780 H780/450
SWE(推定) 1990年代(推定)修復済み バーチ/スチール
本体価格 ¥225,000
(税込 ¥243,000)

四角で囲まれたようなデザインは、座っていると包まれているような安心感があります。
アームの高さも丁度良く、リラックスしてくつろぐアームチェアとしては最適です。
クッション、ファブリックはオリジナルですが、状態は申し分ありません。
ブルーがかった濃いめのグレーが洗練された印象のチェアです。


▲トップへ
NEW ARRIVAL

新着入荷予定商品から、おすすめのアイテムをご紹介します。

ドロップリーフテーブル[NW023070] ドロップリーフテーブル
NW023070
本体価格 ¥280,000
(税込 ¥302,400 )
サイドボード[NW021194] サイドボード
NW021194
本体価格 ¥258,000
(税込 ¥278,640 )
スタッキングブックケース[NW021007] スタッキングブックケース
NW021007
本体価格 ¥450,000
(税込 ¥486,000 )
ビューローブックケース[NW021001] ビューローブックケース
NW021001
本体価格 ¥300,000
(税込 ¥324,000 )
レディーライティングビューロー[NW023077] レディーライティングビューロー
NW023077
本体価格 ¥280,000
(税込 ¥302,400 )
レディースバニティ[NW021195] レディースバニティ
NW021195
本体価格 ¥280,000
(税込 ¥302,400 )
ボウフロントサイドボード[NW021059] ボウフロントサイドボード
NW021059
本体価格 ¥258,000
(税込 ¥278,640 )
チャイナキャビネット[NW021076] チャイナキャビネット
NW021076
本体価格 ¥180,000
(税込 ¥194,400 )

その他の入荷予定商品はこちら
▲トップへ
SHOP INFO
SPECIAL COLLECTION -アンティークチャイナ- “Lloyd’s Antiques × KEITAMARUYAMA”と題し、ロイズ・アンティークス青山では、魅力あるアンティーク家具と、デザイナーの丸山敬太氏が手がけるテキスタイルのコラボレーション商品を店内に散りばめています。
本日ご紹介する生地は、丸山敬太氏のフェイバリットプリントである「アンティークチャイナ」です。 店内の、オリエンタルな雰囲気の漂う一角でも、大きな存在感を示しています。
雲や松、人物などに東洋の雰囲気が漂い、黒地の背景にとても映え、
モチーフが浮かび上がるような印象を受けます。
トキメク家具 只今、デザイナー丸山敬太氏の世界観を取り入れた空間を展開中です。丸山敬太氏のテキスタイルによってアンティーク家具達は上品におめかしされています。その姿はまるでとトキメキの塊のような、眺めているだけで心を躍らさせてくれる素敵な出で立ち。
思わず息を呑んでしまう魅力的な空間が期間限定でEGOISTに漂っていますよ。今回も引き続きLloyd’s Anteiques × KEITA MARUYAMA のご紹介です。
まずはこちらのブックケース。ちょこんと付いた丸い脚が可愛らしいです。
背面にはノスタルジックカラーのポニーテキスタイル。せっかく素敵なテキスタイルなので、飾り棚としてお使いいただくのもおすすめです。
自分だけの拘り空間 今回、ご紹介するのはこちらのサイドボードです(NV001048)。
収納力がありお部屋の顔にもなるアイテムです。
オーク材の重厚感溢れる色味と木目が美しい商品です。
笠木と呼ばれる飾り木にまでオーク材の木目を見る事が出来ます。
家具の縁に沿ってクラシカルな彫刻が施されています。
扉の四隅には美しい草花の彫刻が施され、正面から見た際にデザイン性の高さを感じる事が出来ます。
クリスマスモードに突入です。 先日のハロウィンが終わり、一気に外も寒くなってきました。
そろそろ店内もクリスマスモードに突入です。
そんなクリスマスシーンにおすすめなアイテムがこちら。
オリジナルのグリーンのタイルとマーブルトップが鮮やかなウォッシングスタンド。
クリスマスツリーのかわりに是非お使い下さい。
お気に入りのキャビネットに小物を飾り、ダイニングテーブルにはキャンドルを。
ダイニングが1年で一番華やかなシーズンがやってきます。 お気に入りを詰め込んで とうとう11月に突入いたしました。
冬が深まるにつれ、お部屋の中で過ごす時間も増えてきますよね。
お部屋のインテリアに是非、アンティーク家具を取り入れてみませんか?
お気に入りの家具は生活を豊かに、より一層輝かせてくれるはずです。
今回は店頭にある北欧家具の中で、私の1番のお気に入りをご紹介させて頂きます。
こちらは天板がスライド式になっております。
ちょっとした書き物、読み物にも丁度良い大きさ。
前面のシェルフにはお気に入りの書籍を飾ってはいかがでしょう。 英国展~British Week~ 本日、11/2(水)から伊勢丹新宿店本館6階催事場にて、英国展が開催いたしております。
ロイズ・アンティークス新宿伊勢丹も通常の本館5階のフロアに加え、6階英国展にも出展しており、クラシック、モダン家具をはじめとする厳選されたアイテムを多数ご用意いたしております。
開催期間は、11月2日(水)~11月7日(月)です。
尚、最終日は18時の終了となりますのでお気をつけください。
6日間限りの大変見ごたえあるフェアとなっておりますので、期間中ぜひご来店ください。 コンパクトに、機能的に PCでの作業が増える今、コンパクトな作業台があるととても便利です。
デスクはスペースをとるので、なかなか購入できない…そんな方におすすめのアイテムがロイズ・アンティークス銀座三越に入荷しております。
収納として、作業台としてスペースを有効に使える“ビューロー”を2点紹介いたします!
BORGE MOGENSENビューロー 商品番号:NU008543
デンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物であるボーエ・モーエンセンによりデザインされたビューロー。
ダイニングやソファなどで彼の作品をご存知の方も多いのではないでしょうか。 仕掛けを見つけて 日本橋三越のインテリア雑貨は今日から早くもクリスマスモードになりました。
きらきらしたライトやオーナメントに身を包んだクリスマスツリーはとても綺麗です。
さて、ロイズ・アンティークス日本橋三越はというと、珍しいモダンのサイドボードが入荷いたしました!
サイドボード 商品番号:NV030113
中央には背面がミラーになっているガラス扉
明るい空間にお気に入りのグラスや小物をいれて楽しんでいただけそうです。 ▲トップへ
COLUMN
どこへ散策に行きますか? すっかり秋を通り越してしまったようで、まだこの寒さになかなか慣れません。
とはいえ秋はインテリアやデザインのイベントが多いので、色々と見てまわるのも楽しい季節ですね。
私はインテリア欲と食欲を両方満たしてくれる、純喫茶めぐりが好きなのですが、
先日も大阪に行く機会があったので、前から行きたかった喫茶店に行ってきました。
3回くらいは行きたかったのですが、2回にとどめ、あとはお土産にしてもらいました。
可愛いレトロなパッケージも楽しみのひとつです。 ▲トップへ