CONTENTS
INFORMATION

ロイズ・アンティークス "LLOYD’S SALE"のご案内


日頃のご愛顧に感謝して、下記の通りLLOYD'S SALEを行います。
この夏のLLOYD'S SALEをご案内します。店内の商品をスペシャルプライスでご提供。
一部の店舗ではONLINE SHOPでも同時開催です。
詳しくは各店舗スタッフまでお問い合わせください。

店舗 日時  
ロイズ・アンティークス 青山
ONLINE SHOPも同時開催
7月20日(金)11:00 7月22日(日)19:00
今後開催の店舗については、随時公開します。


INFORMATION

ロイズ・アンティークス 玉川 "Flower meets Antiques with plantica"のご案内

ロイズ・アンティークス 玉川 Flower meets Antiques with plantica
ロイズ・アンティークス 玉川において、フラワーアートユニット"plantica"の世界観を取り入れた空間を展開します。 planticaが手がける実写の花柄プリントファブリックを纏った、世界に1つしかない数量限定アイテムが店頭を彩ります。 「百花繚乱 / HYAKKA RYOURAN」というテーマを背景に、生け花とフラワーアレンジメントの技巧を織り交ぜてカラフルで花が咲き乱れている花柄を表現。それに、ロイズ・アンティークスのアンティーク/ヴィンテージアイテムが合わさりました。 是非、この世界観をご体感ください。
会期: 2018年7月21日(土) - 8月5日(日)
会場: ロイズ・アンティークス 玉川

INFORMATION

ロイズ・アンティークス EGOIST "EGOIST selection -Paint & Chic-"のご案内

ロイズ・アンティークス EGOIST EGOIST selection -Paint & Chic-のご案内
初夏の訪れが感じる季節に、気品漂うクラシックチェアがエゴイストに揃いました。ロイズ・アンティークス唯一のコンセプトショップであるエゴイストにおいて、更に選りすぐりのEGOISTアイテムをセレクトしました。

今回はその中でも100年以上経過したヴィクトリア時代以前のペイントアイテムと、木の質感が素晴らしいアンティークパティーナ(時代を経て刻まれた素材本来の風合い)がとてもよく表現されたシックなアイテムに絞り、店内の一角にて表現します。

フルレストアされたクラシック家具とは違ったアンティーク本来の古きよき時代を生きた背景が伝わる商品をこの機会に店頭にてご覧ください。

* 会期中Buyer's selectアイテムを多数出展します。


会期:7月7日(土) ~ 7月22日(日)
会場:ロイズ・アンティークス エゴイスト ホワイトルーム内

▲トップへ
SHOP INFO
英国モダンサイドボードが入荷しました 英国製モダンスタイルのサイドボードが多数入荷しました!
今回は特にお勧めの2点をご紹介します。
TE001184 サイドボード
メーカーは不明となりますが、金属製取っ手の内側にも木材が施され、まるで洋服の釦のような可愛らしさ!一目ぼれしてしまいました。
扉のアールのかかったデザインにもこだわりが感じられます。
TE001177 サイドボード
続いてはE.GOMME社G-PLANのBlack&Blassシリーズのサイドボード
青山 夏のSALEまであと少し! 例年にないほどの暑さが続く日々ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
青山では、いよいよ夏のSALEが近づいてまいりました!
会期は7/20(金)~7/22(日)の3日間の限定開催。
いつも以上に盛りだくさんの家具が青山に集まります。
お得なのはもちろん、大変見応えのある3日間となりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。 本日も商品が続々と入荷しております。
SALE期間中も随時商品が入れ替わり、いつ脚をお運びいただいても、きっと満足していただけるはずです!
プラントスタンド入荷しました 目黒のEGOISTへ様々な種類のプラントスタンドが入荷しております。
クラシックな木材のアイテムや、とても背の高い美しいアイテムなど。
今日は大理石と陶器でできた、めずらしいアイテムをご紹介いたします。
美しいブルーのプラントスタンドは、1880年代イギリスのアイテムです。
100年以上前のアイテムとは思えないほど、装飾や色がきれいに残っております。
こちらの素材は陶器(セラミック)。
艶やかな光沢と丸みをおびた装飾は、陶器ならではの味わいです。
土台となるトップにも細やかな葉の模様が。
収納力とサイズ 以前食器の収納に使われていたミラーバックサイドボードは、その名の通りサイドボードの上に壁面に沿うようにミラーが付いています。
ミラーが付いた理由は諸説ありますが、当時窓の数に応じて税金を徴収されていたイギリスでは、窓の代わりとしてミラーを壁に飾っていたと言われています。
壁面を大きく使うサイドボードにミラーを付けることで、お部屋に解放感を出そうとしたのかもしれませんね。
先日博多に入荷したものも、綺麗な楕円のミラーが付いています。
一番の驚きは、この奥行です。
売場移動しました 先日のSALEでは、たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございます。
ロイズ・アンティークス新宿伊勢丹は、7/11(水)より売場を移動いたしました。
階は変わらず、伊勢丹新宿店本館5階なのですが、
「本館5階リビングデコール内センターパーク側」から、
「本館5階リビングデコール内インテリア側」へ移動しております。
新しいアイテムも続々入荷しており、照明や小物雑貨も多数入荷いたしております。
新しいアイテムの中から、
スタッフのおすすめをご紹介いたします。
インレイ装飾 インレイとは、ひとつの素材に異なった素材をはめ込み模様を生み出す技法のことで
家具にも多く用いられており、ロイズ・アンティークスでも様々なインレイを施されたアイテムが入荷します。
その中から、ロイズ・アンティークス日本橋三越に入荷しました
昨日入荷したばかりのディスプレイキャビネットです。
上部の笠木部分とフロントに見事なインレイが施されています。
こちらのディスプレイキャビネットはインレイだけでなく、
ステンドグラスと脚もポイントです。
拘りの逸品 -レザートップデスク- 先日入荷したばかりのレザートップデスク。美しい佇まいと絶妙なサイズ感で早速、お客様の視線を集めています。
美しいウォルナットの木目と色合い、大変繊細な彫りがあちこちに用いられています。
どの角度からご覧いただいても、非常に美しい姿を愉しんでいただける一台です。
こちらのレザートップデスク、正面と左右側面だけでなく裏側からもご覧頂きたいポイントがございます。
なんと、裏からの見栄えにも拘ったデザインになっています。
壁に着けてディスプレイしてしまうのは勿体無い程の美しさ。
家具との出会い ドレッサーで最高の一日の始まりを 自分用のお気に入りのドレッサーを持って毎日を楽しく過ごしませんか?
家具とは出会いと縁であり、アンティークであれば一点物のため、
それこそ一期一会の出会いでもあります。
自分に合った素敵なアイテムを探すのは大変なことですが、
その分見つけたときの満足感と愛情は大きいものです。
今回ご紹介いたしますのはそんなお気に入り間違いなしのドレッサーです。
ドレッサー(TA001075)
マホガニー材の柔らかな杢目が大変美しいこのアイテム。
▲トップへ