CONTENTS
INFOMATION

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Wall Decoration」のご案内

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Wall Decoration」のご案内 お家の壁、使ってますか?

イギリスのホームデコレーションの種類は多岐に渡りますが、その中でも日本人の感覚と違っているのが壁の使い方。
壁のデコレーションの仕方で内装の雰囲気はガラリと変わります。
イギリス人の自由な発想で彩られるWall spaceは実にユニークかつ楽しい!
家具とは違った小さなアイテムを配置していく楽しみを是非体感していただきたいと思っております。

そこで今回ロイズ・アンティークスエゴイストでは、イギリスを代表するTom Eckersleyのヴィンテージポスターをメインに1930年代当時のロンドン交通機関にて使用されていたトランスポートポスターや、古いアンティークフレーム(額)やウォールミラー、ウォールランプなどなど、国や年代を問わず店内ギャラリーに展示し、期間限定にてお届けします。

「壁にも個性と彩りを」をテーマに多くのインテリアシーンで対応できるアイテムをご用意しておりますので、是非お好みの一点を探しにご来店ください。

デコレーションの足し算、引き算は日本の「床の間」を飾る感覚と少し似ているのかもしれません。
難しく考えずに、気軽な気持ちで始めてみましょう!ご相談はお気軽にスタッフまでお声掛けください。
家具のスペックを最大限に活かす”Wall Decoration”、一緒に始めましょう。

※お部屋の飾りたいスペースのお写真をお持ちいただければ、より具体的にご提案いたします。

期間: 7/22(土)~8/6(日)
会場: ロイズ・アンティークス エゴイスト

INFOMATION

ザ・コンランショップ "Hello! old things"のご案内

ザ・コンランショップ  ロイズ・アンティークスは、ザ・コンランショップと7月14日(金)から 8月20日(日)までの期間中、
イギリス・フランスをはじめ、ヨーロッパ各地から集められたヴィンテージアイテムの数々を
ご紹介するイベント「Hello! old things」を開催いたします。

「OLD THINGS=時間の経ったもの」は、古いからこそ価値があり、
それだけで新しいものには表現できない味がある。時の流れとともに変化した素材の表情や、
様々な文化・気候の中で刻まれた時間を経て現在に至る過程を想像し、
そのプロダクトに出会えた一期一会のHello!を楽しむ。

世界各国の多種多様なテイストや、異なる時代、そして素材のアイテムをミックスさせ、
ひとつのスタイルとして提案するザ・コンランショップならではのセレクトとなっています。
ヴィンテージ愛好家はもちろん、気になっているけれどなかなか手を出せずにいる方にもおすすめです。
時を経た家具だけが持つ味わいを、ぜひこの機会にご体験ください。

期間:2017年7月14日(金)~ 8月20日(日)
会場:ザ・コンランショップ 新宿本店・丸の内店・福岡店


▲トップへ
SHOP INFO
“8月中旬入荷予定アイテム220点を公開しました! 今週ONLINE SHOPに、8月中旬入荷予定アイテム220点を公開しました!
ロイズレザーチェアシリーズの新作、煌びやかなコンテンポラリーランプ、モダンテーブルセットにお部屋のアクセントになりそうなインテリアアクセサリーなど・・・
是非ONLINE SHOPよりチェックしてみて下さい。

入荷予定商品はこちらからご覧ください
ONLINE SHOP リコメンド商品はこちらからご覧ください シノワズリ シノワズリという言葉をご存知でしょうか。
フランス語(chinoiserie)からきているのですが、中国風のデザインのことをシノワズリと呼びます。
中国から特に陶器が多くヨーロッパへ輸入され、西洋とは違う洗練されたつくりとデザインに人気がでました。
特にイギリスは、ヨーロッパNO.1の貿易会社「東インド会社」がありましたのでシノワズリがいち早く取り入れられました。
今日はそんなイギリスのシノワズリのキャビネットをご紹介したいと思います。
機能的な家具 キャビネットのように飾るスペースがほしい。
衣類収納スペースがほしい。
マイデスクもほしい。
というような、色んな希望をかなえてくれる家具をご紹介です。
上段部分には、ガラスの引き戸がついた飾りスペース。
小物などを収納しつつ、コレクションを眺めたいときに活躍しそうですね。
そして、メインの機能はこちらです。
鍵を回して、手前にひいていただくと「ライティングビューロー」に早替わりです。
originality 異素材を組み合わせた味のあるパブテーブル(NZ006018)
グリーンのアイアンからは繊細さと力強さを感じます。
木材だけでなく、アイアンのような金属にも年月が経過したからこその風合いが残っています。
素朴なオーク材の天板。
ざっくりとした仕上がりだからこそ、使われていく中での染みやキズが味となり、
一つしかないオリジナルのアンティークになっていくでしょう。
時間をともに過ごし、あなただけのパブテーブルに。
無駄のないデザイン 今回ご紹介するのは、1960年代スウェーデン(推定)のブックシェルフと同年代のデンマーク製(推定)のファイリングキャビネットです。
シンプルで飽きの来ないデザインは、北欧家具の醍醐味。
触れてみると、驚くほど手に馴染む仕上げです。
開きの中は広々とした収納スペースがあり、本だけではなく、お鍋などのかさばるキッチン用品も収納できそうですね。
またファイリングキャビネットは、名前の通り書類を細かく分類できるよう浅い引き出しが4段ついてます。
Nursing Chair スタッフ一押しのオススメチェアが入荷いたしました!
落ち着いた青色が目を惹くこちらのナーシングチェアを呼ばれている家具。
ナーシングチェアとは、赤ちゃんの授乳時に母親が座るためにつくられたチェアのことです。
そのため座面が低いものがほとんどで、こちらも座面高380mmのため
女性の方でも地面にしっかりと脚をつけて座っていただける高さではないでしょうか。
サイズだけではなくデザインも魅力的です。
背もたれの曲線は見た目にも美しく、座り心地も良し。
先週の続き。 巨大な木箱の中身。
イタリア買付けの商品でしたが、その中に1台60年代(推定)のスツールが入庫しました。
バイヤーから張替の指示が届いたので今回はメンテナンスの過程をご覧下さい。
まずは本体から座面を取り外しオリジナルの生地を剥がします。
フレームだけになりました。このフォルムだけでも絵になりますよね。
ガラスの天板をはめ込んでコーヒーテーブルにしても良さそうな気が。。
勝手な事をすると叱られるのでスツールに戻します。
続いて台座の上にウレタンを敷き、座り心地もここで確認します。
▲トップへ