French_Club

リプロダクション・フレンチクラブチェアについて

100%ナチュラルな素材でつくりあげ、フランスメイドに徹底してこだわり抜いたチェアをご提案します。

フレンチクラブチェアとは、その名の通りフランスを代表するチェア。背もたれが髭の形に似ていることからムスターシュチェアとも呼ばれ、古くから今にいたるまでフランス国内のみならず世界中で愛されるデザインとなっています。
ロイズ・アンティークスのリプロダクションシリーズ、フレンチクラブチェアはフランス国内の工場にて製造され、革はもちろんフレームの木材に至るまで、すべてフランス産を使用しています。

フレンチクラブチェア

革はフルグレインシープスキン(full grain sheep’s hides)

ソファ用途としては大変めずらしいシープスキンを使用。革の中でも軽くてキメが細かいため、とても肌触りがよいのがシープスキンの特徴です。

また、ソファに用いるシープスキンはとても高価で付加価値の高いものと言われています。一頭からとれる革の面積が小さいことが理由で革を仕入れ段階から吟味しなければならず、状態の良い革を調達する必要があります。一人掛けでおよそ12頭分も使用するため、革選びが重要となります。

そのように選定されたレザーは一番自然な風合いが出るフルグレインを採用。自然なまま、傷などを隠さず、鑢をかけたり、磨いたり、スムースにしたりしないため、最高品質の繊維組織から成り立っており、耐久性が高いのが特徴です。

フレンチクラブチェア

タンニンなめし

植物に含まれるタンニンを利用してなめすこの方法は、革になるまでに30以上のなめし工程を必要とします。
現代で主流のクロムなめしとは異なり、大変に手間がかかるこの方法は、型崩れしにくく、吸湿性にすぐれており、時間の経過とともに艶や馴染みがでるのが最大の特徴です。
使い込むほどに風合いが増す100%ナチュラルな革です。

フレンチクラブチェア

MADE IN FRANCE

このチェアはすべての工程をフランスで行います。
木材はフランス国内のブナの無垢材を使用。本国で仕入れたブナを蒸気で蒸し上げ、曲げて組み上げる伝統的な製法で組み上げられたフレームは、長時間座っても疲れず自然に体を包みます。

フレンチクラブチェア

クラフトマンシップ

クッション部分はフェザーとダウン。それに加えて、その下部に備えられたバイコニックという手間と時間をかけて設置されたスプリングが、身体をしっかりとます。
アーム、背もたれ部分の中材は馬毛を仕様。何十年経っても型崩れがない耐久性と、100%自然素材ならではの通気性と吸湿性を備えており、消耗することなく、半永久的にご愛用いただける作りとなっています。

当時の伝統的な造りを本国の職人が手間と時間を十二分にかけて現代に最高のチェアを蘇らせました。
本国のクラフトマンシップを尊重し、プライドと品質に拘りぬいたたチェアをご提案します。

フレンチクラブチェア
カラーはフォーブ、ブラウン、フレンチレッド、パティーナグリーンの4色で展開。
どちらの染色も100%ナチュラルな染料を使用してすべて手作業で行い、時間経過とともに使いこむほどにパティーナと呼ばれる経年変化の味わいがでてくる仕上がりとなっています。
消費することの喜びよりも、このチェアを通じて大切な物を長く大事に使う事に喜びを感じていただければ幸いです。

フレンチクラブチェア
フレンチクラブチェアフレンチクラブチェアフレンチクラブチェアフレンチクラブチェア

 

フレンチクラブチェア
フレンチクラブチェアフレンチクラブチェアフレンチクラブチェアフレンチクラブチェア

 

CP02021708
CP02021708-8CP02021708-7CP02021708-2CP02021708-1

 

CP01041708
CP01041708-9CP01041708-8CP01041708-7CP01041708-2

 

CP01031708
CP01031708-10CP01031708-9CP01031708-4CP01031708-2


ご注文、お問い合わせは各店舗スタッフ、メール、または 045-633-7222 までご連絡ください。

カテゴリーから探す

 

 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ