Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 博多2019.10.08

buffet

TL1067

先日博多へ入荷致しました、カーブがかったデザインが美しいバフェ。
推定1930年代イギリスから届いた存在感のあるアイテムです。

バフェとは、フランス語でビュッフェという立食形式での食事の意からきています。
16世紀半ば頃からこのような食事スタイルがあったと言われており、
バフェは食器やカトラリーの収納としても重宝されていました。

IMG_7331

天板には、虎の背中のような模様の虎斑と呼ばれる美しい木目が広がっています。
虎斑の部分は取れる量が少なく、当時は大変貴重なものとされていました。

角の取れた丸みのあるフォルムが可愛らしく、
前面に流れるようにカーブのついたデザインが魅力です。
引き出しもカーブに合わせて作られており、英国ならではの拘りが感じられます。

IMG_7332

IMG_7330

IMG_7333

他にも様々なアイテムが多数入荷しております。
是非、お近くへお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

《ロイズ・アンティークス 博多》
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
Tel 092-263-8630
Mail hakata@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 博多のアイテムはこちら