Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 日本橋三越2019.10.08

拘りの空間 -K様邸-

お近くにお越しの際にはロイズへお立ち寄りくださるK様。

いつもお話しで伺っていた、こだわりの詰まったお宅にお伺いさせていただきました。

お気に入りのアイテムを少しずつ集めらたというご自宅は

お話しをお聞きしていた以上にこだわりの詰まった素敵な空間でした。

nihonbashi-1001_01

こちらは是非、K様にご紹介したいと思いおすすめさせていただいた

推定で100年以上前の質感の良いマホガニー材スクリーン。

ファブリック部分をアレンジされ、さらにお部屋に馴染んでいました。

nihonbashi-1001_02

nihonbashi-1001_03

シーリングやキャビネットなどはもちろん、その中に飾っていらっしゃる食器ひとつをとっても

ご購入の時の気持ちやこんな風に使っているなど、ひとつひとつに思い入れをお持ちで

それに加え、楽しまれている様子伝わってまいりました。

nihonbashi-1001_04

右側にうつるダムウェーターも長くお待ちいただきご紹介できたアイテムです。

店頭にあった時よりも活き活きして見えます。

nihonbashi-1001_05

100年を超えてもなお、このように大切に愛情を持って

使われる家具や食器も喜んでいるのではないかと思いました。

K様を見習い、時間をかけ大切にできるお気に入りのものに囲まれて生活できたらと思います。

K様、この度はお忙しい中お時間をいただいありがとうございました。

≪ロイズ・アンティークス 日本橋三越≫
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店本館5階 家具サロン