Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 青山2019.09.12

オークの深みを愉しむ

ドローリーフテーブルやバタフライテーブル、
小ぶりなものであればゲートレッグテーブルなど、
アンティークやヴィンテージの家具には
伸長式のテーブルもいくつか種類がございます。

中でも大きなサイズが多いエクステンションテーブル。
直訳すれば、広がるテーブルはすべてエクステンションテーブルなのですが、
アンティークではとりわけ中に板を差し込む構造のテーブルを
エクステンションテーブルと呼んでおります。

大ぶりなものが多く、
中板の数も1枚のものから多いものだと3枚のものまで様々。
広くゆったり使うことができ、
マホガニーやウォルナットを使った優雅なものが多い中、
今回青山に入荷したのはオークで作られた
エクステンションテーブルの中では小ぶりなもの。

エクステンションテーブル

エクステンションテーブル
TN001060


閉じた状態は直径111cmのラウンド。
開くと145cm幅で4人で広く使えるサイズ。

aoyama-20190909-4

中板は折りたたんで中に収納することができ、

aoyama-20190909-8

aoyama-20190909-9

aoyama-20190909-10

aoyama-20190909-11

どっしりとした一本の足で支えるこの構造は
多方面からテーブルを囲むことができます。

aoyama-20190909-7

軽やかなベントウッドチェアでぐるりと囲むのも
賑やかな雰囲気を作れそうですね。

aoyama-20190909-1

aoyama-20190909-3

深みの増したオーク材とクロムの組み合わせは
それぞれの個性を引き立てながらもまとまりやすい組み合わせ。

ぜひご自宅のコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

《ロイズ・アンティークス 青山》
東京都渋谷区神宮前3-1-30
Tel 03-5413-3666
Mail aoyama@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 青山のアイテムはこちら