Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 神戸2019.08.13

経年変化を愉しむ

「レザーを育てる」という言葉を耳にされたことはございますか?
年を重ねるごとに柔らかくなる肌触りや、新品には無い艶、色合いは
アンティークの醍醐味のひとつではないでしょうか。

レザー2シーターソファ【TE008137
kobe_20190812-2

一段下がったアームがナチュラルな印象を与えます。
深い色味の床に限らず、白い床や明るい色味の空間とも良く合う色合いに仕上げています。

kobe_20190812-7
シンプルな形のため現代家具とのミックススタイルもおすすめです。
アームの高さは690mmとやや高め。
セパレート式のクッションもあるため、アームに寄りかかりリラックスして頂けます。
kobe_20190812-8

座面の奥行きが十分にあるため深く腰掛けて頂け、
大きなクッションが身体を包み込むような座り心地。
kobe_20190812-4
約50年の時を経たレザーは柔らかく、ヴィンテージならではのダメージはありますが、
破れなどはございません。これから先も長くご自宅で愛用して頂ける一台です。
kobe_20190812-6
クッションを外すと”Thamas kvalitet”というブランドロゴが綺麗に残っています。
デザイナーはGeorg Thams Kvalitetという人物。
現在は販売を行っておらず、ヴィンテージ商品の取り扱いもほとんど無いアイテムです。
kobe_20190812-10
背面まで綺麗にレザーで覆われているため空間置きにも。
kobe_20190812-9
長い時間を掛けてこその価値を感じるレザーの趣き。
ヴィンテージならではの味わいをご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。
kobe_20190812-11

《ロイズ・アンティークス 神戸》
兵庫県神戸市中央区海岸通五番地
商船三井ビル1F
Tel 078-325-0455
Mail
kobe@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 神戸のアイテムはこちら