Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 日本橋三越2019.05.28

アクセントに異素材をプラス

木製家具の中に異素材を取り入れることで、よりスタイリッシュな印象のお部屋に早変わりします。

木製のアンティーク家具が好きな方、
お持ちの家具を惹き立てる様なアクセントとして、
真鍮・ガラス・マーブルなど異素材のアイテムを取り入れたコーディネートはいかがでしょうか。

今回は先日入荷したばかりの異素材を用いたアイテムを3点ご紹介します。

_20190528_122650

シャープな見た目が目を惹くネストテーブル、
竹を模した様なデザインの真鍮の脚が特徴的です。

_20190528_122723

暗みがかったガラスの天板は、お部屋の印象を引き締めつつも、
天板が透けている為、圧迫感がありません。

_20190528_122634

こちらは天板直径300高さ590mmの小さなオケージョンテーブルです。

_20190528_122709

真鍮でできた支柱は、脚元から天板の上まで植物が伸びた様な可愛らしいデザイン、
天板はクリアガラスでできている為、真鍮のデザインを愉しむことができます。
小物を置けるトレイも愛嬌を感じます。

_20190528_122815

ベージュとピンクが混じった様な優しい色合いのマーブルを用いたコンソールテーブル、
軽やかなデザインですが、石の質感が程よい重厚感を与えてくれます。

_20190528_122917

どの家具もぜひアクセントとして取り入れていただきたいアイテムです。
ぜひ店頭にてご覧くださいませ。
皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

【日本橋三越在庫はこちら】