2019.02.07 ロイズ・アンティークス 名古屋松坂屋

アンティークを楽しむ

「桜」という言葉を聞けばふと春を想像させる。

このように一種の季語とも言える言葉が存在し、

人々はその言葉を聞き、姿を見ることで季節を感じる風情を持っています。

もちろん、その感覚は日本人だけではありません。

ヨーロッパでも古代からその慣習を持ち、様々な作品に反映させています。

今回ご紹介するアイテムもその1つ、大変美しい造形のキャビネットです。

 

チャイナキャビネット(TI001107)

正面と側面がガラス張りとなっており、また奥行も340mmなため、

光が内まで入るのでコレクションを素敵に飾ってくれることでしょう。B485B038-4B60-46B2-B370-9C84D6232468

なんといってもまず目に入るのは中央の装飾ではないでしょうか?

フルーテッドラインが特徴的で、その中央にあるデザインは

葡萄を連想させる模様、その下にあるのは無花果でしょう。

それを囲むように葉の模様が全体を形どっています。

葡萄と無花果はどちらも古代エジプトの壁画に描かれていたと言われているほど歴史的にも馴染み深い果物です。

実はこの2つとも秋に収穫されるものであり、葡萄についてはワインとして作品に描かれていたりしています。

馴染み深いこの果物たちはまさに、ふと秋を感じさせる「象徴」なのでしょう。78B50AAC-3283-4526-B25D-5A4F96CBB5C3

装飾的な魅力は至るところにあります。

笠木にも木の実のようなもの描かれています。F7711CED-81C7-4A5D-BF3D-3ACE3CD082FC

上部の中央と左右にはそれぞれ花模様が見て取れます。

全体にバランスよく模様があることで、決して派手ではないため、

アンティークの風合いがありながら現代の家具とも合わせやすいものとなっています。7025FCF4-0943-49A8-8DDB-6430E4B65130

8A0CE06C-09F7-48CC-86FB-B0FFFAD81177

脚はバルボスレッグのような、私も見たことの無いデザインでした。

非常に珍しく可愛らしいデザインは、まさに良いアクセントとなっています。19A57FC7-18AE-4C8C-8CB7-7C71464257A4

57CBC90A-3AFE-42F1-B87C-1347FE4F47E6

 

ダイニングでホッと一息つく。

そんな時、コレクションを眺めるながらであれば、より格別なひと時となるでしょう。

収納棚として使って頂いてもキャビネットの装飾だけで、お部屋を華やかにしてくれます。C33531DE-271B-4AE1-BC8C-0C4ED33BEB40

 

アンティーク家具はデザインの時代的背景、模様の意味が分かればより楽しく、愛着が沸いてきます。

少しでもその楽しさを感じて頂けるよう、今後ともブログでご紹介していきます!

 

店頭商品はこちらから


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ