Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 日本橋三越2018.07.20

2種類の半円キャビネット

キャビネット、ショーケース、皆さまご自宅にございますでしょうか。
陶器やお気に入りのものをディスプレイするだけで、お部屋の雰囲気もがらっと変わります。
また、良い家具にディスプレイすると中に飾ったものをより引き立てます。
今回は新たに入荷したキャビネットの中から、半円タイプのキャビネットをご紹介いたします。

nihonbashi20180720-5

1930年代(推定)の半円型チャイナキャビネット。
ウォルナット材を使用した、明るい色味。
こちらは背面にもガラスがついており、ディスプレイしたものをあらゆる角度から映えさせます。
半円の特徴としてサイドから見たときの美しさがあげられ、中に光を取り込みやすく、お部屋に置いた時もあらゆる角度からお楽しみいただけます。

nihonbashi20180720-6 nihonbashi20180720-1

もう1点はマホガニー材を使用した、シックな雰囲気の半円型チャイナキャビネット。

nihonbashi20180720-3

先程のキャビネットとはまた雰囲気が異なる、品格漂うキャビネット。
先程のキャビネットより高さが少しだけ高く、中板も先程は2枚、こちらは3枚となります。
和室などにあわせ、コーディネートするのもおすすめです!

nihonbashi20180720-4 nihonbashi20180720-2

通常のタイプとは一味違う半円キャビネット。
ぜひお部屋に取り入れてみてください。
店頭では”チェアコレクション”も絶賛開催中です!
今週末はぜひロイズ・アンティークス日本橋三越へ!
皆さまのご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。

【日本橋三越在庫はこちら】