2018.03.31 ロイズ・アンティークス ウェアハウス

ウェアハウススタッフおすすめ -3 of Lloyd’s スタッフブログリレー

ロイズ・アンティークスから3つの異なるスタイルを提案する『 3 of Lloyd’s 』

今回の企画に向けてウェアハウス・ファクトリーは全てのスタイルの商品を修復し、店舗へ移送してきました。

ウェアハウスからはコンテナ入荷から店舗への導入まで、これまでの足取りを少しだけご紹介します。

まずはイタリアイタリアンヴィンテージ。
2月13日に日本に到着し、そこから1か月。怒涛の日々を過ごしながら何とか修復が間に合いました。

image5image6image2

image4image1image3

残念ながらお勧めしたい商品は既に店舗に入荷しています。。
青山店、EGOIST店で是非お気に入りの1台を見付けて下さい。

続いてベントウッドチェア。
複数のコンテナの中に紛れ込んでおり修復した台数は102脚。
壮絶な台数を修復したファクトリースタッフは本当にお疲れ様でした。

が。。。まだ残っているんです。しかも残り46脚。
まとめてご覧になりたい方は是非週末のウェアハウスにご来店下さい。

最後はERCOL G-PLAN

こちらは塗装、張替の職人が大苦戦しました。
メンテナンス後にオンラインチームが詳細画像を撮影していきます。

TE9569-2TE9518-4TE9570-12

TE9534-2TE0080-3TE9544-4

ここまで準備が整ったら店舗への導入開始となりますが
最後の仕上げの最中にスタッフがお気に入りの1台を見付けたみたいなのでご紹介します。

resize0249
こちらのG-PLANネストテーブル。
チークトップのメインテーブルにはキャスターが付いておりインターロック式の4つのテーブルが付属されています。
resize0255resize0253resize0254

3つの異なるスタイルをひたすら修復し続け、何とか最終日を迎えられそうです。
1人でも多くの方にお求め頂けていれば嬉しいかぎりです。

それではブログリレー最後の締めは青山店にお任せします。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ