2017.11.11 ロイズ・アンティークス 神戸

‟Parisienne”


本日ご紹介するのはこちらのギルトサイドテーブル(NZ030017
ギルト(=gild)とは金色のこと。文字通り黄金色の装飾が施されたサイドテーブルです。

kobe.20171111-1
黄金色は黄金色でも、どこか落ち着きのある上品な色合い。

淑女を思わせる佇まいで、お部屋にしとやかさをもたらします。
通常のテーブルより高さがあるため、飾り台として使ってみてはいかがでしょうか。

kobe.20171111-8淡いトーンの中に咲く花模様が美しい天板。見ているとなんだか心が落ち着きます。

kobe.20171111-2
そして高さがあるゆえに視界に入る幕板。ここにも可憐な模様が。
背面にも施されており、壁付けでなくとも心置きなくお使いいただけます。
簡単なパーティションとしても魅力を発揮するでしょう。

kobe.20171111-7
抽斗にもご注目ください。中にピンクのペイントが施されています。
収納したものまで可愛らしく見えてくるのではないでしょうか。

kobe.20171111-4<a
kobe.20171111-5
脚部はすらりと伸びるサーベルレッグ。脚の長い美人さんです。
また、緩やかな曲線が女性らしさをより引き立てています。

kobe.20171111-6
上品で美しい、まるでパリジェンヌのようなサイドテーブル。
お部屋の雰囲気をふわりと華やかにしてくれます。

kobe.20171111


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ