2017.11.01 ロイズ・アンティークス 青山

「Osaka」という名のチェア

ロイズ・アンティークス青山、EGOISTで同時開催中の「DECOR」。
皆様ご覧になられましたでしょうか。
個性的な1960年~1970年代のビンテージ家具が目白押しです。
是非、ご覧くださいませ。

今回はその中から、スペシャルなアームチェアをご紹介させて頂きます。

「Osaka」という名のチェア

キラリと輝くクロムフレームにクリーム色の生地の相性が抜群の一台。
こちらはオランダのデザイナーMartin Visserによってデザインされたもの。

「Osaka」という名のチェア

「Osaka」という名のチェア

「Osaka」という名のチェア

どの角度から見ても、独特でスタイリッシュなフォルムをお楽しみ頂けます。

「Osaka」という名のチェア

「Osaka」という名のチェア

一目見ただけで魅了されてしまう一脚ですが、こちらのチェアがスペシャルなのは、デザインだけでは無いのです。
そのヒントは、こちらのチェアのモデル名「Osaka」。

どうしてオランダ人デザイナーが大阪?という疑問が生まれますが、大阪好きだったのかと想像した私の考えは、浅はかでした。

こちらのチェアは1970年、大阪万博のオランダ館に展示する為にデザインされたモデルだったのです。
各国が自国の産業や技術をアピールする大変重要な万博。
それに向けてのデザインですので、特別な一台であることは言うまでも無いですよね。

同時期に作られた他のビンテージ家具と組み合わせれば、文字通りスペシャルな空間に。

「Osaka」という名のチェア

「Osaka」という名のチェア

拘りのアームチェアをお探しの方、この様なバックグラウンドを楽しみながら、セレクトしてみるのも乙ではないでしょうか。

「Osaka」という名のチェア



《ロイズ・アンティークス青山》
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-1-30
03-5413-3666
営業時間 11:00~19:00


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ