Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 日本橋三越2017.06.28

Tub Chair

皆さまもどこかでこんな形のチェアを目にしたことが、あるのではないでしょうか。

nihonbashi-0628_02

タブチェアと呼ばれているお椅子で、名前の由来は
タブが手桶という意味でこの包み込まれるような背もたれの形状から呼ばれるようになったそうです。

前脚からアーム、背もたれに向かう一連のラインの美しさが特徴です。

nihonbashi-0628_06 nihonbashi-0628_04

後ろからのフォルムもきれいですね。
女性が肘を置くのにも高さが丁度よく、見た目にも圧迫感がないところもポイントです。

nihonbashi-0628_05 nihonbashi-0628_03

ドレッサーに合わせても良し。

nihonbashi-0628_01

ドラムテーブルに合わせれば、リビングルームやベッドルームなどでも活躍しそうですね。

nihonbashi-0628_18

皆さまならどの家具、お部屋に合わせますか?
是非日本橋三越までお越しくださいませ。