20160221ego-1
ロミオ&ジュリエット、ハムレット、オセロで思い浮かぶのはそうシェイクスピア。
実は2016年の今年はシェイクスピア没後400周年なんです。
4世紀もの間、彼の文学は時代を超えて人々を魅了し、イギリスを代表する劇作家といっても過言ではありません。
1度イギリスにあるシェイクスピア博物館を訪れたことがあるのですが、彼のコテージは少し質素なイメージでした。
だからこそ想像が膨らみ時代を超える名作を残せたのかもしれませんね。
今回は自分としっかりと向き合う時間を与えてくれるインテリアのご紹介です。

20160221ego-2
まずはこちらマホガニー材のシンプルな印象のデスク。
すっきりとした脚と直線的なデザインなので、空間を重くせずお部屋にコーディネートしやすいです。

20160221ego-3
レザートップの天板はイギリスで張り替えた特注のレザー。
ブラックとグリーンの間のなんとも言えないお色味で雰囲気が良いです。

20160221ego-4
デスクの下には棚があり、ちょっとしたものの収納に役立ちます。
散らかりがちなデスクの上もこれですっきりと片付きますね。

20160221ego-5
後ろ姿も綺麗に仕上がっているので、フリースタンディングでご使用頂けます。
シンプルなデザインだけにマホガニーの美しさが際立ちます。

20160221ego-6
引き出しもついているので機能的。
真鍮色の取っ手もアクセントになっていて、過美でなく程よいバランス感。
これほどに素敵なデスクでしたら、お仕事や読書、執筆等はかどること間違いなしですよ。

20160221ego-7
続きましてこちらのタンカラーのカールトンチェア。
リプロダクションで職人さんがイギリスで1点1点手作りで作成しています。

20160221ego-8
後染めの革は雰囲気のある色むらがあり、手作業ならではの味わい。
木工部分は優雅な曲線を描いていて、クラシックの印象をより一層醸し出します。

20160221ego-9
ボタンや鋲も職人さんの手によって1点1点しっかりと留められています。
クッションはフェザーとウレタンで構成されていて、しっかりとした座り心地。
思わず時間を忘れて、仕事や趣味などに没頭してしまいそうです。

20160221ego-10
1920~30年頃に英国のテーラーやクチュールブランドなどで使用されていた、主にシャツをディスプレイ、収納していたショップ用キャビネット。ロイズ・アンティークスでは当時の風合いを現在に忠実に再現し、オーダーメイドできるリプロダクション家具としてご提案しています。

20160221ego-11
ガラス部分はラウンドウィンドウとスクエアウインドウの2型ご用意しております。ウィンドウの曲線か直線でイメージが大きく変わってきます。木材もマホガニー材かオーク材でお好みでお選び頂けますよ。また、サイズも3サイズございますので、ご用途によって合わせて頂けます。詳細こちらにございますのでよろしければご確認ください。

20160221ego-12
サイドのデザインもフラットタイプとサイドパネルの2パターンございます。
是非、お好みのものをチョイスしてくださいね。
いかがでしたでしょうか。新しい季節の始まりに新しい自分と向き合う時間を設けてみてはいかがでしょうか。
ロイズ・アンティークスEGOISTには他にも沢山素敵な家具が入荷中です。
お近くにお立ちよりの際には、是非ご来店くださいませ。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ