2016.02.14 ロイズ・アンティークス 神戸

【第4弾】SHELTER Ⅴ様 お邪魔しました

前回はSHELTER Ⅱ様をご紹介しましたが、今回はその系列店であるSHELTER Ⅴ様をご紹介します。
SHELTER Ⅱよりさらに北へ坂を上り、スターバックスコーヒーのむかいに位置しています。

kobe_20160214-19
看板がございますので右手の階段を上ります。

kobe_20160214-18
入ってすぐはホワイトが基調の空間。グリーンと日光で、健康的なイメージです。

kobe_20160214-1

kobe_20160214-2
ここからは北野坂を一望することができます。

kobe_20160214-3
奥に進むと大きなキャビネットとシャンデリアが印象的です。

kobe_20160214-4
全身鏡として神戸でお求め頂いたウォールミラーを置いてくださっています。

kobe_20160214-5

kobe_20160214-6
全体的に什器は塗装をはがし、シャビーに仕上げられていました。
こちらのミラーバックサイドボードも神戸でお求め頂き、塗装を剥がして使われています。

kobe_20160214-9
自分の好みに合わせ、がらりと表情を変えられることもアンティークの良さのひとつですね。

kobe_20160214-8

kobe_20160214-7

SHELTER Ⅴ様はパリのミュージシャンであるセルジュ・ゲンズブールがコンセプトです。
階段を下りるとコンセプトに合わせ、アンティークのピアノがお出迎え。

kobe_20160214-11
コンクリートの棺のようなデザインのディスプレイ台の上に飾られた、
シーリングとベルがロイズでお求め頂いたものです。

kobe_20160214-12

kobe_20160214-13

kobe_20160214-15
階段を降りてきた方を見上げるとスクリーンに映像が映し出されていました。
素敵な演出です。

kobe_20160214-16
このようにSHELTER Ⅴ様大きく3つの空間に分けられており、
雰囲気を楽しめるお店です。
HPは【こちら】からご覧ください。
次回も引き続き系列店であるla cham blanc様をご紹介します。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ