2015.07.16 ロイズ・アンティークス 青山

青山スタッフおすすめアイテム第2弾

さて、前回の「青山スタッフおすすめアイテム第1弾」はいかがでしたでしょうか。

ロイズ・アンティークス青山のスタッフが、お勧めさせて頂きたい選りすぐりのアイテムを5回に渡ってご紹介しておりますが、今回は第2弾。

前回のブログにてご紹介したアイテムに仕掛けが隠されて、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まだご覧なられていない方は、ぜひチェックしてください。

では、第2弾として私がご紹介するのはテーブルとチェアのアイテムです。

イギリス以外の国で使用されていたアイテムも、当店は入荷があるのですがとりわけこちらは「フランス」(推定)アイテム。イギリス的な曲線とはまた一味違う、滑らかな曲線部分を感じていただきたいです。

aoyama_20150715-01

何気ない普通のテーブルかと思いきや、何か天板面の下に隠された部分に注目です。。

aoyama_20150715-02

実は、隠された天板下部分を引き伸ばしていきますと、最大2300(mm)へと伸張できます。
両方側から出していくことが出来ますが、サイズに合わせて片側のみでもご利用頂けます。

aoyama_20150715-03

遠くでご覧いただくと、この広さが十分に伝わりますね。

さらに注目していただきたい部分がこちらです。

aoyama_20150715-04

格子状に組み込まれた天板面。オーク素材に特徴的な虎斑模様を活かしたつくりになっています。
黒模様がところどころみえる箇所を、はめ込む向きを変えて格子状へと作り上げています。

一味違うテーブルをお探しの方は、天板面にも注目してお買い物する点もいいですね。

さらに、テーブルとダイニングチェアの脚にも注目していただきたいのです。

aoyama_20150715-05

猫脚のような曲線です。こちらの脚先は細かなところまで削り装飾を施しています。

つま先を見ていますと、猫脚の丸いところからなにやらピンヒールのように脚がさらに伸びていますよね。
一体なんでしょうか。と疑問ですね。

aoyama_20150715-06

実は、こちらの脚は厚底として作製されているのです。
厚底と聞いて、これまた驚きですね。

歴史古いヨーロッパの格式高い所では、ふかふかの絨毯を使用する家々がありました。
そんな場面で使用する際だと、つま先が絨毯に隠れてしまうので、ちょうど猫脚部分が見えるように作製されたのです。

デザインだけの装飾とは違うのですね。

aoyama_20150715-07

さて、そんな美しいテーブルとチェアには後ろの壁に、サイドボードを合わせてみてはいかがでしょうか。

そんな時、テーブルやチェアの後ろにサイドボードを置いてみると、部屋のサイズと家具のサイズがどうなるか気になりますよね。

aoyama_20150715-08

左側:サイドボード
右側:テーブルセット

このように、テーブルセットを置く場合だと、通路を作る際は最低でも60cm以上は必要になります。
(写真は80cmほどに空けております)

aoyama_20150715-09

aoyama_20150715-10
チェアに腰掛ける際は、60cmほど椅子を引いて座る動作が必要とといわれております。
テーブルのサイズだけではなく、チェアに座る部分の幅を考えながらサイドボードの幅、またテーブルのサイズを考えてみるといいですよ。

aoyama_20150715-11

では、最後に素敵なサイドボードもご紹介いたします。

aoyama_20150715-12

真正面から覗きますと、一見直線型のスマートなサイドボードに見えますね。

aoyama_20150715-13

しかし、こちらをご覧ください。 実は、端は斜めに削られているデザインです。
aoyama_20150715-14

もちろん、引き出しの形も斜めに施されています。

aoyama_20150715-15

何といっても、サイドボードの魅力は収納力ですよね。
こちらは、引き出し下に大きな扉があり、収納としてひと活躍しそうですね。
ちなみに写真の様子は、左側部分です。
aoyama_20150715-16aoyama_20150715-17

正面の両開き扉の棚板部分も外せるタイプです。
幅や高さのあるアイテムを収納出来ますよ。

aoyama_20150715-19aoyama_20150715-20

サイドボードではよく脚付きがありますが、今回ご紹介するアイテムにはその部分がありません。
床にべたに置いておくタイプです。シンプルな作りなのでモダンな空間でも合わせやすく、オークの雰囲気が好きな方はお勧めのアイテムです。

aoyama_20150715-18

いかがでしたでしょうか。
今回はオーク材をふんだんに使用した、特徴的なアイテムをご紹介してまいりました。

スタッフおすすめアイテム第3弾も、いい商品をご紹介させて頂きますので、乞うご期待くださいませ。
皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます。

《ロイズ・アンティークス青山》
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-1-30
03-5413-3666
営業時間 11:00~19:00


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ