2015.02.20 ロイズ・アンティークス 博多

シャンデリアの灯り

只今、ロイズ・アンティークス博多にて開催中の「Lighting Fair

中でも豪華で美しい照明といえば、やはり"シャンデリア"でしょう。

シャンデリアの灯り

繊細で美しいシルエットに、美しいガラスの装飾。
そのカットされたガラスに光が反射し、複雑に輝く様は人々を魅了し続けています。

シャンデリアの“灯り”

店頭にあるシャンデリア(推定1940年代)の電球部分をよく見てみると、ロウソクの形をしていますね。
シャンデリアの名前の由来はフランス語でロウソク立てを意味する「chandelle」
その名の通り、もともと光源はロウソクでした。

宮殿や寺院などの空間を照らす役割として誕生したシャンデリア。
大空間を照らす為、多くの光源を必要とし、天井から吊るす多くの光源を持った照明器具を総称してシャンデリアと呼ぶようになりました。

hakata-20150220_05

当時は照明用のロウソクは大変高価なものであり、そういった場所でしかシャンデリアは使われていませんでした。
しかし、ロウソクが普及し始めると、貴族や富裕層の間でもシャンデリアが利用されるようになり、シャンデリアを持つことが富の象徴となっていきます。
(当時のロウソクはすぐに芯が硬くなり消えてしまったり、煤が多く出たり、匂いもあったりと、扱いにはとても苦労していたようです。)

その後、光源がガス灯電灯、に変わり、シャンデリアは幅広く普及していきました。

hakata-20150220_04 シャンデリアの“灯り”

きっと、ロウソクだった時代のシャンデリアはもっと神秘的で今とは違った魅力があったのでしょうね。
しかし、灯りが発展していったおかげで、今こうやって店頭でもシャンデリアを楽しむ事が出来ているのは嬉しいことです。

皆様にも是非、お楽しみいただきたいと思います。
ご来店、心よりお待ちしております。

「Lighting Fair」

期間:2015/02/14(土)~02/28(土)
場所:ロイズ・アンティークス博多
時間:10:30~19:30

ロイズ・アンティークス博多の照明アイテムはコチラ!!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ